喜多川俵ニ作 有職袋帯

商品番号:337

商品詳細

仕立上り品

1936- 昭和後期-平成時代の染織工芸家。

昭和11年3月9日生まれ。生地京都の洛北高を卒業後,父喜多川平朗(へいろう)に有職(ゆうそく)織物,唐織などの制作技法をまなび,皇室御用織物の制作や正倉院宝物の復元などにたずさわる。昭和63年父の死去により西陣織の老舗(しにせ)俵屋18代となる。平成5年皇太子の束帯「縠黄丹御袍(こくおうにのごほう)」を制作。11年有職織物で人間国宝。

関連商品


お問い合わせ

本サイトに掲載の全ての着物・帯は、実店舗で販売しております。
掲載品に関するお問合せ、ご来店の際のお申込みはお電話もしくは 下記メールフォームよりお申込みください。



設定でPCメールからのメール受信拒否をされている場合、
「info@tokusenkimono.com」
を受信できるよう変更くださいますようお願いいたします。
※とくに携帯メールアドレスのお客様はご確認くださいませ。