特選きものコレクションメニュー

商品番号:2539

人間国宝 木村雨山作 本加賀友禅 塩瀬名古屋帯

商品詳細

重要無形文化財保持者(人間国宝)

日本工芸会正会員

仕立て上がり品

長さ374、巾30,5㎝

※サイズに関して、多少の誤差はご了承ください。

木村雨山

木村雨山は、大正から昭和にかけて活躍をした加賀友禅の染織家・着物作家です。
木村雨山は本名を木村文二といい、1891年に石川県の金沢市に生まれました。金沢市は絹織物の生産が盛んな土地であり、身近な草木や花による染色の美しさに惹かれ、染色の道を志すようになりました。
高等小学校卒業後は、当時加賀染めの名工として名高かった上村雲嶂(うえむらうんしょう)に加賀友禅を、南画家の大西金陽に日本画を学び、その後1923年に友禅作家として独立します。
「雨山」という号は師事していた上村雲嶂に由来しており、「雲」の漢字から「雨」を、「嶂」の漢字から「山」をそれぞれ取っていると言われています。
1955年には、友禅の部で重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定されました。友禅で人間国宝に認定された作家は田畑喜八や森口華弘など他にもいますが、加賀友禅では木村雨山ただ一人です。
その後も1965年には紫綬褒章を、1976年には勲三等瑞宝賞を受賞するなど目覚ましい活躍を続け、1977年に86歳でその生涯に幕を閉じました。
木村雨山は加賀友禅の美しさに心を打たれ、日本画的な表現を取り入れた彼独自の技法を生かして、数多くの作品を生み出しました。
その作品は唯一無二のものと言えます。

加賀友禅

江戸時代に宮崎友禅齋が発展させた加賀友禅は京友禅、東京友禅とあわせて
日本三大友禅と言われています。
箔や絞り、刺繍などの技法はほとんど用いず、加賀五彩「 臙脂・藍・黄土・草・古代紫」を基調とした染色、ぼかしだけで描かれ、製作工程の多くを一人の作家さんが手掛けるめ、それぞれの個性が一番表現される友禅ではないでしょうか。
人間国宝・木村雨山さんの大胆な構図の作品、初代由水十久さんの繊細で愛くるしい童子や、巨匠といわれる方々の作品は、まるで絵画をみているようです。

日本工芸会

日本工芸会は、重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心に、伝統工芸作家や技術者などで組織されている日本の公益社団法人です。現在は、工芸分野重要無形文化財保持者を含めて正会員役1,200名が所属しています。「日本伝統工芸展」は日本工芸会が文化庁とNHK、朝日新聞社と主催する、日本の優れた伝統工芸の保護と育成を目的にした公募展です。昭和29年から1年に1回開催しており、日本工芸の技と美が集結する場となっています。他にも人間国宝を講師とする伝承事業や記録保存などを行うなど、無形文化財の保存や伝承および公開に関する事業を進め、その実績は他に比較するもののない唯一の組織です。



関連動画のご案内

ご案内

本サイトに掲載の全ての着物・帯は、実店舗で販売しております。
掲載品に関するお問合せ、ご来店の際のお申込みはお電話もしくは 下記メールフォームよりお申込みください。

お電話の場合はフリーダイヤル
 0120-109-529
メールの場合は下記お問い合わせフォームよりご入力のうえ、お問い合わせくださいませ。

※メールの返信は土日祝の場合、翌営業日となります。
メール受信拒否設定をされている場合は、info@tokusenkimono.com を受信できるよう変更お願いいたします。

メールで問い合わせる



    設定でPCメールからのメール受信拒否をされている場合、
    「info@tokusenkimono.com」
    を受信できるよう変更くださいますようお願いいたします。
    ※とくに携帯メールアドレスのお客様はご確認くださいませ。
    

    LINEで問い合わせる

    友だち済の方は「LINEで送る」ボタンより特選きものコレクション公式LINEに送信いただけます。



    お電話で問い合わせる

    検索項目を組み合わせて
    お探しいただけます。