特選きものコレクションメニュー

商品番号:3311

人間国宝 森口華弘作 訪問着 「春暁」

商品詳細

重要無形文化財保持者(人間国宝)

日本工芸会正会員

仕立て上がり品

身丈肩約168、裄68、袖丈49、前巾24、後巾30㎝

※サイズに関して、多少の誤差はご了承ください。

森口華弘

重要無形文化財保持者(人間国宝)・日本工芸会正会員の森口華弘氏。
1909年に滋賀県守山市岡町で生まれ、京都の友禅師・三代目中川華邨(かそん)氏の門下生となり手描き友禅を修得。また、華邨氏の紹介で、四条派の画家・疋田芳沼(ほうしょう)氏のもと日本画も学ばれました。技法的には伝統的な手描き友禅や糸目糊、堰出しなどのほかに、蒔絵にヒントを得た「蒔糊技法」による新しい表現方法を完成。
色数を極力排し、森口華弘氏ならではの味わい深く格調高い友禅の世界を開拓されました。
1967年に57歳という若さで「友禅」の分野での重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、後年は後継者の育成・指導に尽力し、1971年紫綬褒章、1982年勲四等旭日章を受章されました。
蒔糊とは天日で乾かした糊を細かく砕き、布の上に蒔(撒)いて防染剤にする技法で、江戸時代には「撒糊」を呼ばれていた伝統的な友禅技法です。
角張ったままの形に砕いた糊を、蒔絵ふうに着物の全面に蒔き、染め分ける色の順序によって微妙な色相変化が生み出されます。
明治、大正、昭和から平成にかけて数多くの染色作家の中でも抜きん出たその表現力。
独自の蒔糊技法と個性的なデザインが未だに多くの方が魅了されています。

京友禅

京友禅とは、京都で製造されている友禅で、1976年には、経済産業省指定伝統的工芸品にも指定されました。 京友禅は、日本三大友禅の1つとして、今も多くのファンに愛されています。
「図案には花鳥風月や有職文様などの文様調のものが用いられる」「基調の色が決まっておらず多くの色を使用した鮮やかな色合いである」「金銀箔が施されている」ことが特徴です。糊を使って筆で色付けする際に滲んで色移りすることを防ぐ 「糸目糊」という技術が用いられています。
京友禅は、製造過程が非常に手間がかかり、技術力が要求されるため、高級な染め物として知られています。京都の染物業者が中心になって伝承されてきた技術であり、現在でも継承され、多くの人々に愛されています。

日本工芸会

日本工芸会は、重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心に、伝統工芸作家や技術者などで組織されている日本の公益社団法人です。現在は、工芸分野重要無形文化財保持者を含めて正会員役1,200名が所属しています。「日本伝統工芸展」は日本工芸会が文化庁とNHK、朝日新聞社と主催する、日本の優れた伝統工芸の保護と育成を目的にした公募展です。昭和29年から1年に1回開催しており、日本工芸の技と美が集結する場となっています。他にも人間国宝を講師とする伝承事業や記録保存などを行うなど、無形文化財の保存や伝承および公開に関する事業を進め、その実績は他に比較するもののない唯一の組織です。



関連動画のご案内

ご案内

本サイトに掲載の全ての着物・帯は、実店舗で販売しております。
掲載品に関するお問合せ、ご来店の際のお申込みはお電話もしくは 下記メールフォームよりお申込みください。

お電話の場合はフリーダイヤル
 0120-109-529
メールの場合は下記お問い合わせフォームよりご入力のうえ、お問い合わせくださいませ。

※メールの返信は土日祝の場合、翌営業日となります。
メール受信拒否設定をされている場合は、info@tokusenkimono.com を受信できるよう変更お願いいたします。

メールで問い合わせる



    設定でPCメールからのメール受信拒否をされている場合、
    「info@tokusenkimono.com」
    を受信できるよう変更くださいますようお願いいたします。
    ※とくに携帯メールアドレスのお客様はご確認くださいませ。
    

    LINEで問い合わせる

    友だち済の方は「LINEで送る」ボタンより特選きものコレクション公式LINEに送信いただけます。



    お電話で問い合わせる

    検索項目を組み合わせて
    お探しいただけます。