特選きものコレクションメニュー

商品番号:4066

人間国宝 森口邦彦作 訪問着

商品詳細

重要無形文化財保持者(人間国宝)

日本工芸会正会員

仕立て上がり品

身丈肩 166cm 裄 68cm 袖丈 49cm 前巾 24cm 後巾 30cm

煤竹茶色の地に、蒔糊技法を施し、幾何学模様や蒔糊のバランスによって、表情を描いた味わい深い訪問着です。

※サイズに関して、多少の誤差はご了承ください。

地色: 煤竹茶 
深く渋い橙

※書籍版「定本 和の色事典」にて色合わせを行っております。リンク先の色と実物は異なる場合がありますのでご注意下さい。

森口邦彦

1941年京都市に生まれ、1963年に京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)日本画科を卒業後、パリ国立高等装飾美術学校に留学しグラフィックデザインを学ばれます。
帰国後、父・森口華弘氏の下で糸目糊や堰出し技法をはじめ、森口華弘氏の特徴的技法「蒔糊」の友禅技法を学び、1967年日本伝統工芸展に初入選。以降、各展の受賞を重ねられ、2001年には紫綬褒章、2007年には父である森口華弘氏と同じ重要無形文化財「友禅」保持者(人間国宝)に認定されました。
さらに、2013年に旭日中綬章受賞、2020年には文化功労者に選定されました。
新しい表現を追求しながら、後進の指導と育成に尽力されています。
友禅の技法で人間国宝の認定を受けている森口邦彦氏。パリで学んだグラフィック・デザインの思考と幾何学文様を大胆に組み合わせることで、モダンで洗練された伝統工芸の「友禅」を制作し、革新的な息吹を吹き込みました。
友禅訪問着のデザインが、2014年にリニューアルされた三越のショッピングバッグに採用されたことでも知られています。
森口華弘氏花鳥風月の古典美をモチーフにした華麗な友禅に対し、明快な幾何学文様を駆使した斬新な表現を見せる邦彦さんの作品からは伝統を受け継ぎながらも、独創的な進化を続ける力強さが伺えます。



関連動画のご案内

ご案内

本サイトに掲載の全ての着物・帯は、実店舗で販売しております。
掲載品に関するお問合せ、ご来店の際のお申込みはお電話もしくは 下記メールフォームよりお申込みください。

お電話の場合はフリーダイヤル
 0120-109-529
メールの場合は下記お問い合わせフォームよりご入力のうえ、お問い合わせくださいませ。

※メールの返信は土日祝の場合、翌営業日となります。
メール受信拒否設定をされている場合は、info@tokusenkimono.com を受信できるよう変更お願いいたします。

メールで問い合わせる



    設定でPCメールからのメール受信拒否をされている場合、
    「info@tokusenkimono.com」
    を受信できるよう変更くださいますようお願いいたします。
    ※とくに携帯メールアドレスのお客様はご確認くださいませ。
    

    LINEで問い合わせる

    友だち済の方は「LINEで送る」ボタンより特選きものコレクション公式LINEに送信いただけます。



    お電話で問い合わせる

    検索項目を組み合わせて
    お探しいただけます。