特選きものコレクションメニュー

商品番号:3379

天羽やよい作 南部菱刺し 開き九寸名古屋帯

商品詳細

仕立上がり品

開き仕立て

長さ約376㎝、巾31㎝

※サイズに関して、多少の誤差はご了承ください。

天羽やよい

南部菱刺しを代表する作家である、天羽やよいさん。
日本三大刺し子の「南部菱刺し」を独学で学び世に広めようと今も努力されています。
天羽さんと南部菱刺しの、出会いはとてもユニークで、移動レントゲン検査車の中で偶然技師の持つ刺し子の袋に目を奪われたのが、きっかけでした。
1981年からは、刺し糸である木綿糸を身近にある草木で染め、刺し地の麻もご自身で織られています。
愛情込めて製作された作品は言葉が出ないほどの美しさがあります。
有名になった今も研鑽を重ねられています。

南部菱刺し

南部菱刺しは、青森県南・太平洋側、南部地方に伝わる刺し子の技法のひとつ。
「庄内刺し子」「津軽こぎん刺し」「南部菱刺し」は日本三大刺し子と呼ばれています。
寒冷な土地柄、自家生産の麻布一枚では寒さを凌ぐのは難しく、その麻布に木綿の裏地をつけて麻糸で刺し綴ったものが菱刺しの原型だといわれています。
その中でも天羽やよいさんは明治の終わり頃から衰退していた南部菱刺しの復活を目指し、独学で南部菱刺しの帯の制作に取り組み、現在では南部菱刺しを代表する染織作家として全国的に高い評価を受けるようになりました。
1反の中に同じ模様は刺したくない、菱刺しを少しでもたくさん世の中に出してあげたい、そんな思いの作品を是非お手に取ってご覧ください。



関連動画のご案内

ご案内

本サイトに掲載の全ての着物・帯は、実店舗で販売しております。
掲載品に関するお問合せ、ご来店の際のお申込みはお電話もしくは 下記メールフォームよりお申込みください。

お電話の場合はフリーダイヤル
 0120-109-529
メールの場合は下記お問い合わせフォームよりご入力のうえ、お問い合わせくださいませ。

※メールの返信は土日祝の場合、翌営業日となります。
メール受信拒否設定をされている場合は、info@tokusenkimono.com を受信できるよう変更お願いいたします。

メールで問い合わせる



    設定でPCメールからのメール受信拒否をされている場合、
    「info@tokusenkimono.com」
    を受信できるよう変更くださいますようお願いいたします。
    ※とくに携帯メールアドレスのお客様はご確認くださいませ。
    

    LINEで問い合わせる

    友だち済の方は「LINEで送る」ボタンより特選きものコレクション公式LINEに送信いただけます。



    お電話で問い合わせる

    検索項目を組み合わせて
    お探しいただけます。